市場ニュース

戻る
2016年09月01日07時48分

【材料】三井化学---総合化学大手、自動車向けの高機能樹脂拡販で業績好調を牽引

三井化学 <日足> 「株探」多機能チャートより

三井化学<4183>は総合化学大手で、高機能樹脂や電子情報材料、石油化学製品などを手掛けている。16年6月末時点の海外売上高比率は43%。モビリティ製品では、バンパーや内装表皮、ドアシール材、燃料タンク向け部材で高シェアを誇る。基盤素材事業ではナフサクラッカーを始めとする設備稼働が高水準。大型市況製品の構造改革も計画通り進捗している。

足元の業績では、17年3月期第1四半期(16年4-6月)の売上高が前年同期比22.5%減の2936.92億円、営業利益が同12.3%増の255.19億円、経常利益が同0.2%増の233.04億円、四半期純利益が同3.6%減の162.04億円だった。営業利益については、原料価格の下落による交易条件の改善に加え、事業構造改善効果の発現に伴う固定費の減少などが寄与した。

17年3月期通期については、売上高が前期比9.6%減の1兆2150.00億円、営業利益が同12.8%増の800.00億円、経常利益が同12.4%増の710.00億円、当期純利益が同91.6%増の440.00億円としている。従来予想から売上高は円高の影響により下方修正、各利益は上方修正している。モビリティ、ヘルスケア及びフード&パッケージングの各セグメントの販売が堅調に推移していること、各プラントが高水準で稼働していることなどが寄与へ。従来の通期計画は、売上高が1兆2500.00億円、営業利益が700.00億円、経常利益が620.00億円、当期純利益が360.00億円だった。

《TN》

 提供:フィスコ

日経平均