市場ニュース

戻る
2016年09月01日07時06分

【市況】NY原油:続落で44.70ドル、米国内在庫の大幅増受け売り強まる


NY原油は続落(NYMEX原油10月限終値:44.70↓1.65)。46.10ドルを高値に、44.51ドルまで下落した。米連邦準備理事会(FRB)の年内利上げ観測によるドル高の進行や、前日発表の全米石油協会(API)の週間統計での原油在庫増加を受けて、原油は売りが先行。


その後発表された米エネルギー情報局(EIA)の週報(週次石油在庫統計)では、国内全体の原油在庫が予想を大きく上回る増加だったことから、売りが一気に強まった。また、留出油在庫の大幅増も注目された。

《MT》

 提供:フィスコ

日経平均