市場ニュース

戻る
2016年08月31日09時33分

【市況】日経平均は132円高でスタート、メガバンク堅調、東京電力は一時10%の急伸に/寄り付き概況

日経平均 <5分足> 「株探」多機能チャートより

日経平均 : 16857.83 (+132.47)
TOPIX  : 1323.89 (+11.08)

[寄り付き概況]

 日経平均は反発してスタートした。30日の米国市場では、欧州委員会(EU)がアイルランド政府に米アップルへの追徴課税を命じたことや、フィッシャー米連邦準備理事会(FRB)副議長が複数回の利上げを示唆する発言を行ったことが嫌気され、NYダウは48ドル安となった。しかし、堅調な米経済指標を受けて円相場は一時1ドル=103円台まで下落し、シカゴ日経225先物清算値は16860円となった。これにサヤ寄せする形で東京市場では買いが先行している。

 売買代金上位では、三菱UFJ<8306>、三井住友<8316>、みずほ<8411>といったメガバンク株が3%前後の上昇となっているほか、ソフトバンクグ<9984>、任天堂<7974>、ホンダ<7267>などその他も全般堅調。東京電力HD<9501>は10%高と急伸している。一方、NTT<9432>、KDDI<9433>、NTTドコモ<9437>などがさえない。

 セクターでは、銀行業、輸送用機器、保険業が上昇率上位。反面、食料品、小売業、建設業などがマイナスとなっている。
《WA》

 提供:フィスコ

日経平均