市場ニュース

戻る
2016年08月31日05時00分

【注目】前日に「売られた株!」総ザライ ―本日への影響は?―

信号 <日足> 「株探」多機能チャートより

■日本信号 <6741>  819円 (-31円、-3.7%)

 日本信号 <6741> が反落。いちよし経済研究所は29日、同社株のフェアバリューを1100円から900円に引き下げた。レーティングは「B」を継続した。鉄道信号(交通運輸インフラ事業)を中心に受注回復が遅れていることを考慮した。第1四半期(4-6月)の連結営業損益は13億6500万円の赤字と同経研予想(損益トントン)を下回った。受注高も前年同期比17%減と減少した。連動装置(駅構内の信号機と転轍機をつなげる保安装置)など国内鉄道信号の更新需要顕在化が遅れているほか、海外向けも大きな受注成約はなかった様子。これを受け、同経研では17年3月期の連結営業利益を従来予想80億円から70億円(前期比2.3%減)に下方修正している。

■アサヒ <2502>  3,346円 (-63円、-1.9%)

 アサヒグループホールディングス <2502> が反落。子会社のアサヒグループ食品が29日、和光堂ブランドで展開する乳児向け食品2商品のうち一部を自主回収すると発表しており、これを嫌気した売りが出た。自主回収されるのは、乳児向け食品「栄養マルシェ」シリーズのうち、賞味期限が2017年12月14日の「鶏とおさかなのベビーランチ」と、賞味期限が同年12月10日の「和野菜のベビーランチ」。商品の一部に青色の樹脂片が混入していることが分かったためで、これまでのところ健康被害の報告はないという。

■テレ東HD <9413>  2,102円 (-28円、-1.3%)

 テレビ東京ホールディングス <9413> が3日続落。29日付で三菱UFJモルガン・スタンレー証券がレーティング「ニュートラル」を継続、目標株価を2270円から2130円へ引き下げた。消費低迷で主要広告主の出稿抑制傾向が強まるという循環的要因やNHKとの視聴率競争激化や視聴者のテレビ離れの影響、ネット・イベント広告の台頭などの構造的要因を指摘。17年3月期は通期連結営業利益で会社側計画の47億円(前期72億7200万円)に対して従来予想の37億円から36億円へ、18年3月期を50億円から46億円へ引き下げている。

■久光製薬 <4530>  4,600円 (-45円、-1.0%)

 久光製薬 <4530> が5日続落。29日の取引終了後、経皮吸収型非ステロイド性疼痛治療剤「HP-3150」のがん疼痛に対する国内第2/3相臨床試験結果を発表した。がん疼痛患者を対象に、有効性および安全性についてプラセボ(偽薬)を対照に比較検討したが、有意差をもって有効性を検証するには至らなかったとしている。なお、同社では今後、成績の詳細な分析を行い、追加試験の実施による開発継続可能性を検討するとしている。

■アスクル <2678>  3,610円 (-5円、-0.1%)

 アスクル <2678> が3日続落。同社は29日の取引終了後、8月度月次売上高(7月21日-8月20日)を発表した。単体の売上高は前年同月比3.3%増の231億9900万円となった。その内訳では主力のBtoB事業は今年より導入された祝日「山の日」の影響などにより同0.5%減となったが、稼働日修正後では6.4%増になると推測されている。成長分野の個人通販LOHACOは同34.8%増と大幅な増収となった。

※30日の下落率が大きかった銘柄を株価変動要因となった材料とともに抜粋。

株探ニュース

日経平均