市場ニュース

戻る
2016年08月30日18時29分

【テク】日経平均テクニカル:MACDは陽転シグナルを発生


小反落。前日終値を挟んでの狭いレンジ取引が続いた。ただし、反落ながらも陽線を形成しており、押し目買意欲の強さが窺える。5日線の切り上がりにより25日線との短期ゴールデンクロス示現。ボリンジャーバンドでは+1σでの攻防となっている。一目均衡表では転換線を上回っての推移となり、遅行スパンは辛うじて上方シグナルを継続させている。価格帯別出来高で商いが積み上がっている16600-16800円のレンジ内での推移であり、強弱感が対立しやすいところではあるが、上値の重さというよりは下値の堅さが意識される状況であった。パラボリックは陰転シグナルが継続しているが、MACDはシグナルとのクロスにより、陽転シグナルを発生させてきている。ダマシとなる可能性もあり、見極めが必要であるが、ダブルボトム形成後の陽転であり、突破が意識されやすいところである。

《WA》

 提供:フィスコ

日経平均