市場ニュース

戻る
2016年08月30日09時56分

【材料】塩野義薬が続伸、1日1回投与のインフル新薬で治験効果ありと報じられる

塩野義 <日足> 「株探」多機能チャートより
 塩野義製薬<4507>が続伸。「開発中のインフルエンザの新薬が1日1回だけの投与で治療効果があった」ときょう付の日本経済新聞で報じられており、新しい治療法に期待した買いが入っている。

 記事によると、新薬候補はインフルのウイルスが細胞内で増殖するのを防ぐといった従来の治療薬にはなかった仕組みをもつ。すでに製薬世界大手のスイスのロシュと、日本と台湾を除く全世界での共同開発契約を締結しており、欧米をはじめ世界各地で早期の実用化につなげる。また、国内でも今秋に始まる最終段階の治験を経て18年度の販売を目指す。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

日経平均