市場ニュース

戻る
2016年08月30日01時09分

【為替】NY為替:【NY午前外為概況】米国債利回り低下でドル売り戻し気味

ドル円 <日足> Slowストキャス 「株探」多機能チャートより

 29日のニューヨーク午前の外為市場でドル・円は、102円31銭まで上昇した後、102円10銭まで下落した。この日発表の米国の7月個人所得、個人消費支出(PCE)が予想に沿った増加となり、コアPCE価格指数も前月と同水準の伸びを維持したことで、ドル買いが先行。その後、米株上昇スタートも、米国債利回りが低下したことで(10年債利回り一時1.5834%)、ドル売り戻しが優勢になったとみられる。


 ユーロ・ドルは、1.1158ドルまで下落した後、1.1182ドルまで上昇。ユーロ・円は114円28銭から114円02銭まで下落した。


 ポンド・ドルは、1.3060ドルまで下落後、1.3088ドルまで上昇し、ドル・スイスフランは、0.9807フランまで上昇後、0.9781フランまで下落した。

《KK》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均