市場ニュース

戻る
2016年08月29日15時26分

【材料】オンコリスバイオが欧州における「OBP-601」の製造方法に関する特許査定を受領

オンコリス <日足> 「株探」多機能チャートより
 オンコリスバイオファーマ<4588>がこの日の取引終了後、現在、HIV感染症治療薬として研究開発を進めている「OBP-601」(Censavudine)について、製造方法に関する欧州特許出願の特許査定を受けたと発表した。

 「OBP-601」は、HIVの複製に必須である逆転写酵素を阻害するHIV感染症治療薬。同社では06年6月に、同剤の物質特許を保有する米イエール大学と全世界における独占的ライセンス契約を締結し、パイプラインに導入していた。

 今回、登録査定を受けた技術は、「OBP-601」をより効率的かつ低コストで製造する上で有力な方法で、同剤の開発と商業化を推進していく環境を一層堅固にすることが期待できるとしており、既に、日本および米国で特許登録されているという。なお、同件による16年12月期業績への影響はないとしている。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

日経平均