市場ニュース

戻る
2016年08月29日10時33分

【材料】東エレク、ディスコなど半導体関連が人気、大手7社4~9月期受注が9年半ぶり高水準報道

東エレク <日足> 「株探」多機能チャートより
 東京エレクトロン<8035>が205円高の9376円、ディスコ<6146>が330円高の1万1580円まで買われ、日立国際電気<6756>、アドバンテスト<6857>、も上昇、中小型ではローツェ<6323>が急騰したほか、ワイエイシイ<6298>も上値指向を強めるなど半導体装置関連の上げ足が目立つ。

 ここ半導体製造装置の需要改善が顕著で、7月の北米半導体製造装置BBレシオも1.05倍と4カ月ぶりに前月実績を上回っており、同関連銘柄に対する市場の注目度が増している。そうしたなか、27日付の日本経済新聞が、半導体製造装置大手7社の16年4~9月期の受注高が約7300億円と、15年度下期比で約4%増加する見込みで、06年度下期以来9年半ぶりの高水準になると報じている。これを追い風材料に改めて買いの勢いが増した。


出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均