市場ニュース

戻る
2016年08月29日09時14分

【特集】【FISCOソーシャルレポーター】個人投資家SY氏:アメリカ利上げで日本も株高になるという予想が多い中・・・

ソフトバンク <日足> 「株探」多機能チャートより

以下は、フィスコソーシャルレポーターの個人投資家SY氏が執筆したコメントです。フィスコでは、情報を積極的に発信する個人の方と連携し、より多様な情報を投資家の皆様に向けて発信することに努めております。
----
※2016年8月28日20時に執筆
ジャクソンホールの会合が一大イベントとされ、この一週間はこの話題ばかりで日本の株式市場はアメリカに左右される状態、今後もそうなのでしょうか・・・。

本日(28日、日曜日現在)、自分に入り込んでくるメールマガジンは、金利上げがほぼ確定⇒円安⇒日本株式上昇・・・という内容の物が多いです。

以前書いた執筆では「イギリスのEU離脱の影響は大きい・・・日本株への影響は避けられない・・・相場が上昇しても高値掴みになるので買いは禁物・・・」という主旨の事を書きましたが、果たしてもう織り込んだのでしょうか?

過去、スペインやポルトガル、ギリシャの経済破綻が言われてきましたが、全て解決した訳ではないのに平静を装っている相場のように、このイギリスのEU離脱問題も解決される・・・とは思っていません。

中国のみならず、韓国へのスワップ再開協議など、アジア経済の不安定さを表す事象です。しかし、日銀のETF買いが日本の株価を下支えしているので底値も堅いと言われています。

今後の戦略…自分の相場感はあまり変わらず、週明け多少上にあがったとしても再度円高になり、下がるのではと考えます。特に今上がっているソフトバンク<9984>の空売り、引き続きアルプス電気<6770>の空売りなどを狙いたいと考えます。

蛇足ですが・・・8、9、10月は比較的下がりやすい時期だと言われていますが、これだけ色んな要因があればアノマリー戦略も慎重にならざるを得ないですね。日銀のETF買いなど特に相場を混乱させるのでは?と思っています。

以上

執筆者名:S.Y

《MT》

 提供:フィスコ

日経平均