市場ニュース

戻る
2016年08月29日07時17分

【市況】NY原油先物週間見通し:こう着か、自律反発意識も雇用統計控え見極めムード


■NY原油先物
安値:46.42ドル
高値:49.08ドル
終値:47.64ドル
前週末比(騰落率):-2.99%

■下落、イラク輸出増と米在庫増を嫌気

下落。イラクが輸出を拡大する計画を明らかにしたほか、米在庫が予想外に増加したことが嫌気された。週後半には、9月にアルジェで開かれる産油国会議にイラン石油相が出席するとの報道から下げ渋る局面もみられたが、週半ばまでの下落影響が響いた。


■こう着か、自律反発意識も雇用統計控え見極めムード

想定レンジ:45.00~50.00ドル

こう着か。節目の50ドルに接近していたこともあり、先週の調整はある程度予想された動きとみることもできよう。仕切り直し的な流れから、いったんは自律反発も意識される。ただし、週末に雇用統計の発表を控えており、これを見極めたいとする模様眺めムードも強まりやすいところであろう。

《TN》

 提供:フィスコ

日経平均