市場ニュース

戻る
2016年08月27日06時54分

【市況】NY原油:続伸で47.64ドル、中東有事報道などで買い、米リグ数は横ばいに


NY原油は続伸(NYMEX原油10月限終値:47.64↑0.31)。46.94ドルから48.46ドルまで上昇した。「イエメン軍がサウジアラムコの石油施設にミサイル攻撃」との一部報道、イエレン米FRB議長の緩やかな利上げ発言で一時ドル売りになったことで、原油は買いが強まった。


その後、サウジアラムコが、「石油・ガス・製油事業は通常通り操業している」と発表。また、米FRBの年内利上げ観測拡大を受けてドル高になったことから、原油は上昇幅を縮小した。米ベーカー・ヒューズ社発表の国内の石油掘削装置(リグ)稼働数は横ばいであった。

《MT》

 提供:フィスコ

日経平均