市場ニュース

戻る
2016年08月26日12時21分

【市況】日銀のETF買入れによる需給が売り込みづらくさせる/後場の投資戦略

日経平均 <1分足> 「株探」多機能チャートより

日経平均 : 16448.00 (-107.95)
TOPIX  : 1295.10 (-9.17)

[後場の投資戦略]

 前引けのTOPIXは0.70%の下落となっており、後場は日銀のETF買入れが意識されることになりそうだ。TOPIXは1280pt辺りでの底堅さが意識される一方で、25日線が上値抵抗となっている。一目均衡表では雲上限が支持線として意識されており、反発が期待されよう。

 ただし、雲は来週にはねじれを起こしてくるため、この局面で雲を割り込んでくる可能性は警戒しておきたい。また、日経平均については雲が16050円処に位置しているが、値幅としては400円程度であり、仕掛け的な商いによってバイアスが強まるようだと、あっさり割り込んでくる可能性はありそうだ。もっとも、あくまでも警戒の中であり、イエレン議長講演の内容次第では割り込むことなくリバウンドをみせてくる可能性も十分あるだろう。日銀のETF買入れによる需給が売り込みづらくさせていることも、下支えとなる。過度な警戒感は必要ないかもしれないが、見極めムードから一段と商いは細るだろう。(村瀬智一)
《MA》

 提供:フィスコ

日経平均