市場ニュース

戻る
2016年08月26日11時48分

【材料】◎26日前場の主要ヘッドライン

日経平均 <日足> 「株探」多機能チャートより
・ファミリーマートは続落、下請法違反の公取委勧告嫌気 引けかけ日経平均リバランスも
・鉄鋼株が上昇、自動車鋼材価格の下げ止まり観測受け業種別で一極集中の買い
・東エレクが全般下げ相場に逆行、買い戻し誘発で新高値が視界に
・クックパッドは一時5%安、前社長が保有株売却 経営の先行き不透明感など警戒
・池上通が動意、「パナソニックなど8Kテレビ共同開発」との報道が刺激に
・gumiが反発、「ファントム オブ キル」繁体字版の配信を開始
・PCデポが6日ぶりに反発、リバウンド狙いの買い流入も強弱感対立
・太平洋セメ、住友大阪セメントなどセメント株が買われる、東京五輪にらみ特需動き出す
・アインファーマが急落、第1四半期はドラッグストア事業が苦戦し営業2ケタ減益
・カネカ3連騰、バイオ医薬展開や原料価格の低下が追い風に

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

日経平均