市場ニュース

戻る
2016年08月26日11時18分

【特集】<みんかぶ・個人投資家の予想から>=「買い予想数上昇」1位に小野薬品

小野薬 <日足> 「株探」多機能チャートより
 「みんなの株式」が集計する「個人投資家の予想(最新48時間)」の26日午前10時現在で、小野薬品工業<4528>が「買い予想数上昇」で1位となっている。

 26日の東京株式市場で、小野薬品の株価は3日続落。日本経済新聞が23日付朝刊で、同社が年内にも血液がん用の免疫薬「オプジーボ」を販売することを明らかにしたと報じた。業績へのプラス影響を期待した買いで、23日の株価は大幅上昇した。その急上昇の反動もあってか、24日から3日続落となっている。

 厚生労働省は24日、諮問機関である中央社会保険医療協議会(中医協)の専門部会で、高額ながん治療薬「オプジーボ」について、次回の薬価改定を待たずに薬価を特例的に見直すことを提案しており、これを嫌気した売りも出ているようだ。

 「オプジーボ」は、皮膚がんの一種であるメラノーマの治療薬として14年9月に発売され、患者数が年数百人規模と少数であることから100ミリグラム約73万円の薬価が中医協で認められたが、昨年12月から肺がんも適用となったことで対象患者が数万人規模に拡大。現行制度では適用拡大による薬価改定は行われないことから、今回の見直し提案となった。なお、年末までに結論を出す方針だ。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

日経平均