市場ニュース

戻る
2016年08月26日10時21分

【材料】パナソニックは小幅続落、「時間差硬化UV接着剤」製品化も反応薄

パナソニック <日足> 「株探」多機能チャートより
 パナソニック<6752>は小幅続落。同社は25日、モバイル機器の筐体とパネルの接着・組み立てに適した時間差硬化UV(紫外線)接着剤「Fine Glue(ファイングルー)」を製品化、9月から量産を開始することを発表したが株価は反応薄。ファイングルーは紫外線の照射後、一定時間経過した後に硬化する液状の材料で、照射後の組み立てがしやすく、紫外線を通さないUVカットパネルなどを照射後に接着することも可能。接着剤を厚く、細く塗布することができるため、モバイル機器などの狭いスペースの接着にも対応できるという。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均