市場ニュース

戻る
2016年08月26日08時51分

【市況】ボリバン-1σ、基準線接近では押し目拾いを意識/日経225・本日の想定レンジ

日経平均 <日足> 「株探」多機能チャートより

[本日の想定レンジ]
 25日のNY市場は下落。カンザスシティやダラス連銀総裁が利上げに前向きな発言を行い、利上げ観測の拡大から小幅に下落してはじまった。その後、週間新規失業保険申請件数が予想より減少したほか、7月耐久財受注が堅調となったことが好感される局面もみられた。しかし、明日のイエレン議長の講演を前に手控える向きも多く、前日終値を挟んで小動きとなった。ダウ平均は33.07ドル安の18448.41、ナスダックは5.49ポイント安の5212.20。シカゴ日経225先物清算値は大阪比15円安の16505円。

 シカゴ先物にさや寄せする格好から売りが先行しよう。5日、25日線を挟んでのこう着が続いているが、同線からやや下振れをみせてくる可能性が高そうだ。とはいえ、ボリンジャーバンドでは中心値(25日)と-1σとのレンジ内程度であり、もち合いレンジの範囲ないであろう。一目均衡表では基準線、転換線とのレンジでの推移が継続。ボリバン-1σ、基準線接近では押し目拾いを意識。16400-16600円のレンジを想定。

[予想レンジ]

上限 16600円-下限 16400円

《TM》

 提供:フィスコ

日経平均