市場ニュース

戻る
2016年08月25日09時10分

【市況】個別銘柄戦略:ディフェンシブや資源関連株は軟化の公算


米国株安を受けて売りが先行となろう。米国市場で売られたディフェンシブセクターが本日は売り優勢となろう。また、原油市況の下落で資源関連株も軟化の公算。下げ幅が広がると日銀のETF買い入れ思惑なども高まるが、リード役が乏しい状況下では、後場にあらためて売り込まれる展開なども想定しておきたい。目立った手掛かり材料も乏しいが、不動産や住宅セクターには新規で買い推奨とされている銘柄も多く、物色の矛先が向かう可能性もあろう。

《KS》

 提供:フィスコ

日経平均