市場ニュース

戻る
2016年08月24日18時28分

【テク】日経平均テクニカル:いったん下方転換シグナルを発生


反発。16600円辺りでのもち合いが続いた。5日、25日線での攻防となり、短期デッド・クロス示現であるが、5日線が支持線として意識される半面、25日線を終値でクリアしている。一目均衡表では基準線、転換線とのレンジ内での推移が続いた。遅行スパンは7月高値に接近する局面がみられており、実線を割り込みつつある。そのため、いったん下方転換シグナルを発生させてきている。一方で週間形状では26週線が支持線として機能し、週足の雲下限を意識したトレンドとなる。短期的に慎重となったとしても、中期的には下値拾いでの対応になろう。
《WA》

 提供:フィスコ

日経平均