市場ニュース

戻る
2016年08月24日10時46分

【材料】関西ペイントが反発、イタリア社からパイプラインの内面塗装技術を取得

関西ペ <日足> 「株探」多機能チャートより
 関西ペイント<4613>が反発。23日の取引終了後、イタリアの塗料メーカー、ミロデュール社から、パイプラインの内面に塗装することでガスの運搬効率を上げることが可能な内面塗装技術を取得したと発表しており、業績への寄与を期待した買いが入っている。

 同技術を用いた製品は、既にイタリアやロシアで販売されており、パイプラインの内面に塗装することにより、電力・燃料使用量などのガス運搬コストを無塗装状態と比較して10%以上低減させる効果が確認されているという。

 現在、グローバルベースでのパイプラインの建造は活発な状況が続いていることから、関西ペイントでは同技術を取得することで、パイプラインの内面塗装での事業展開を本格的に開始し、21年度に売上高約18億円、営業利益約4億円を目指すという。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

日経平均