市場ニュース

戻る
2016年08月24日06時34分

【為替】NY為替:ドル買い再燃、米7月新築住宅販売は約9年ぶりの高水準

ドル円 <日足> Slowストキャス 「株探」多機能チャートより

23日のニューヨーク外為市場でドル・円は、99円99銭から100円29銭まで上昇し、100円24銭で引けた。7月の米新築住宅販売件数が約9年ぶりの高水準に達したほか、米連邦準備制度理事会(FRB)が公表した7月公定歩合議事録でほとんどの地区連銀が利上げを主張したことが明らかになり、ドル買いが再燃した。

ユーロ・ドルは、1.1344ドルから1.1303ドルまで下落し、1.1307ドルで引けた。欧米金利差の拡大観測が再び広がり、短期筋などのユーロ売り・ドル買いが再燃した。ユーロ・円は、株高を意識して113円55銭から113円23銭まで下落した。ポンド・ドルは、1.3177ドルから1.3211ドルまで上昇した。ユーロ・ポンド絡みのポンド買いが優勢となった。ドル・スイスは、0.9602フランから0.9631フランまで上昇した。

《MK》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均