市場ニュース

戻る
2016年08月23日18時15分

【為替】欧州為替:ドル売り一服も、先安観は継続

ドル円 <日足> Slowストキャス 「株探」多機能チャートより

 米連邦準備制度理事会(FRB)による年内利上げ観測に不透明感が広がり、夕方以降はドル売りが再開。ドルはユーロやポンドなど主要通貨に対して値を下げた。足元では米10年債利回りが上昇したことでドル売りは一服したが、利上げ観測後退によるドル売り圧力は残る状況。ドル・円は100円21銭まで反発したが、クロス円に連れ高の可能性。


 ここまでドル・円は100円09銭から100円21銭、ユーロ・円は113円47銭から113円67銭、ユーロ・ドルは1.1330ドルから1.1346ドルで推移した。

《KK》

 提供:フィスコ

日経平均