市場ニュース

戻る
2016年08月23日17時13分

【為替】外為サマリー:1ドル100円ラインを巡る攻防、早期の米利上げ思惑が下支え

ドル円 <日足> Slowストキャス 「株探」多機能チャートより
 23日の東京外国為替市場のドル円相場は、午後5時時点で1ドル=100円09銭前後と、前日午後5時時点に比べ60銭強のドル安・円高で推移している。

 欧州時間のドル円相場は、100円ラインを巡る攻防。日経平均株価の下落からリスク回避的なドル売り・円買いが出やすくなっているが、この水準では値ごろ感もあり一段と売り込むような動きには至っていない。また、今週末26日に行われるイエレン米連邦準備理事会(FRB)議長の講演を控え、早期の米利上げ思惑がドルの下支えとなっている面もあるようだ。

 ユーロは対円で1ユーロ=113円55銭前後とユーロ安・円高。対ドルでは1ユーロ=1.1343ドル前後とユーロ高・ドル安で推移している。


出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均