市場ニュース

戻る
2016年08月23日13時37分

【市況】鉄道車両の中国中車が急落、中間業績の伸び悩みで


23日の香港マーケットでは、鉄道車両最大手の中国中車(CRRC:1766/HK)が急落。日本時間の12時21分現在、前日比4.56%安の6.90香港ドルで推移している。

業績低迷で売られる。同社は22日引け後、2016年6月中間期の業績を発表し、純利益が前年同期比2.0%増の47億9477万人民元(約722億円、希薄化後EPS:0.18人民元)だったと報告した(市場予想は48億1400万人民元)。売上高は0.6%増の923億2113万人民元。中間配当は実施しない方針だ。

中国の中央・地方政府が景気テコ入れ策としての鉄道投資を続けるなか、売上高、利益ともにプラス成長を維持。ただ、海外向けの売り上げが2ケタの落ち込みを示したことで、全体の増収率は伸び悩んだ。同時に、管理費(↑4.8%)や金融費用(↑4.1%)が増収率を上回って拡大。為替差益の減少などが響いている。純利益は市場予想(48億3000万人民元)をやや下回る水準にとどまった。

【亜州IR】

《ZN》

 提供:フィスコ

日経平均