市場ニュース

戻る
2016年08月23日10時50分

【経済】(中国)上海総合指数は0.10%安でスタート、供給サイド改革の進展期待などが支援材料


23日の上海総合指数は売り先行。前日比0.10%安の3081.57ptで寄り付いた後は、日本時間午前10時44分現在、0.14%高の3089.08ptで推移している。「供給サイド改革」や「国有企業改革」の進展期待などが支援材料。一方、指数の上値は重い。元安の進行懸念や早期の米利上げ懸念が再び高まっていることが足かせになっている。

《ZN》

 提供:フィスコ

日経平均