市場ニュース

戻る
2016年08月22日18時40分

【テク】日経平均テクニカル:続伸もいったん下方転換シグナル発生の可能性


続伸。5日、25日線との短期デッド・クロスが警戒されているなか、同線でのもみ合いが続いた。一目均衡表では基準線が支持線として意識される一方で、転換線が上値抵抗として意識されている。遅行スパンは上方シグナルを継続させているが、実線が今後16940円辺りまで上昇するため、これに沿った上昇がみせられるかが注目される。価格帯別出来高の商いが膨れている16600-16800円レベルでの上値の重さが意識されてしまうと、いったん下方転換シグナルを発生させてくる。MACDは陰転シグナルを継続させている。一方、週間形状では26週線が支持線として意識されている。週足の一目均衡表では17100円辺りに位置する雲下限を意識したスタンスに。

《WA》

 提供:フィスコ

日経平均