市場ニュース

戻る
2016年08月22日15時49分

【市況】日経平均は続伸、円安などで小幅高も動意に乏しい展開/相場概況

日経平均 <日足> 「株探」多機能チャートより

日経平均は続伸。前週末19日の米国市場でNYダウは45ドル安と反落したが、為替相場がやや円安に振れて推移していることや、日本銀行による追加金融緩和への期待などが材料視されたようで、日経平均は53円高からスタートした。目立った材料がないうえ、台風の影響も懸念されるなどして、寄り付き後は動意に乏しい展開となった。度々16600円台を回復する場面があったものの、前場には一時マイナスへと転じた。後場はプラス圏で推移したが、上下の値幅は51.35円にとどまった。

大引けの日経平均は前週末比52.37円高の16598.19円となった。東証1部の売買高は14億0819万株、売買代金は1兆6278億円だった。売買高は今年2番目の低水準となった。業種別では、その他製品、陸運業、建設業が上昇率上位だった。一方、水産・農林業が5%近く下げたほか、鉱業も2%超の下落となった。

個別では、任天堂<7974>が売買代金トップで3%高となったほか、トヨタ自<7203>、ホンダ<7267>、ソニー<6758>などが堅調。ソフトバンクグ<9984>や三菱商事<8058>は小幅高だった。ファミリーM<8028>やJR東<9020>は3%超の上昇。Vテク<7717>は大口受注を発表し後場急伸した。子会社ハウステンボスの決算発表を受けてH.I.S.<9603>も買われた。また、ポケモン関連のSKジャパン<7608>がストップ高で取引を終え、フィンテック関連のさくら<3778>も急伸して東証1部上昇率上位に顔を出した。一方、三菱UFJ<8306>、日産自<7201>、みずほ<8411>、ファーストリテ<9983>などがさえず、三井住友<8316>は小幅に下げた。米社買収が報じられたルネサス<6723>は、買収額が割高との見方もあり3%安で取引を終えた。また、54年ぶりの公募増資実施を発表した日水<1332>や、今期業績予想を下方修正したイハラケミカル<4989>が東証1部下落率上位に並んだ。
《HK》

 提供:フィスコ

日経平均