市場ニュース

戻る
2016年08月22日09時33分

【市況】日経平均は53円高でスタート、日銀の追加緩和期待など材料視、トヨタ、任天堂は堅調/寄り付き概況

日経平均 <5分足> 「株探」多機能チャートより

日経平均 : 16599.26 (+53.44)
TOPIX  : 1300.35 (+4.68)

[寄り付き概況]

 日経平均は続伸で始まった。19日の米国市場は反落となっていたが、為替相場がやや円安に振れて推移しているとことや日銀の追加緩和期待などが材料視されているようだ。セクターでは、保険、食料品、小売、機械、輸送用機器、建設、その他製品、海運、情報通信、医薬品が上昇。半面、水産農林、鉱業、繊維、空運、石油石炭、鉄鋼、倉庫運輸が小安い。

 売買代金上位では、トヨタ<7203>、ソフトバンクグ<9984>、任天堂<7974>、ファミリーマート<8028>、ホンダ<7267>、イー・ガーディアン<6050>、JR東日本<9020>が堅調。半面、三菱UFJ<8306>、三井住友<8316>、三菱商事<8058>、ファナック<6954>が冴えない。
《WA》

 提供:フィスコ

日経平均