市場ニュース

戻る
2016年08月22日08時34分

【市況】NY原油先物週間見通し:上昇か、産油国による増産凍結観測から50ドル突破を意識


■NY原油先物
安値:44.38ドル
高値:48.75ドル
終値:48.52ドル
前週末比(騰落率):9.06%

■上昇、サウジアラビアの増産凍結観測や米在庫減を材料視

上昇。引き続き9月にアルジェで開かれる石油輸出国機構(OPEC)非公式会議について、サウジアラビアが市場安定のための行動を協議する可能性との観測のほか、米国の原油・ガソリン在庫の減少が材料視された。前週からの上昇基調が続くなか、過去1年あまりで最長の7営業日続伸となった。


■上昇か、産油国による増産凍結観測から50ドル突破を意識

想定レンジ:47.00~52.00ドル

上昇か。先週末まで7営業日続伸とリバウンド基調が強まっており、強気相場入りとなっている。目先は節目の50ドル回復が射程に入っていると考えられ、主要産油国による増産凍結協議への期待感が高まっていることから、相場を押し上げてくる展開が意識されそうだ。

《TN》

 提供:フィスコ

日経平均