市場ニュース

戻る
2016年08月22日07時49分

【材料】丸紅建材リース---17年3月期は小幅な増収増益を見込む、首都圏再開発や東京五輪需要。

丸紅リ <日足> 「株探」多機能チャートより

丸紅建材リース<9763>は、建設工事の際に使われる重量仮設鋼材を建設会社にリース・販売。鋼矢板、H形鋼、鋼製山留材、路面覆工板、鉄板が主要取扱商品。海外にも積極的に展開。タイ・中国に合弁会社を設立・出資し、ASEAN地域へ進出図る。

2017年3月期は売上高が前期比1.2%増の207.00億円、営業利益が同7.0%増の9.20億円、純利益が同1.4%増の9.30億円を計画。首都圏インフラ整備事業や震災復興関連事業に加えて、東京五輪関連の需要も見込まれ小幅ながら増収増益へ。7月28日に発表した第1四半期決算は売上高が前年同期比0.5%減の48.67億円、営業利益が同38.7減の1.95億円、純利益が同36.8%減の2.30億円で着地。通期予想は据え置き。下半期に首都圏を中心とした大型プロジェクト案件控える。

同社は、16年度-18年度の3ヵ年を期間とする中期経営計画「成長への新機軸の創造」を策定。1)新規戦略投資の推進、2)コア事業の更なる収益基盤強化、3)持続的成長に向けてのインフラ整備、の3つを基本戦略としている。18年度に売上高225億円、純利益12億円、自己資本比率40.0%が目標。配当性向は25.0%程度を目指し、年間配当8.0円を計画。

《TN》

 提供:フィスコ

日経平均