市場ニュース

戻る
2016年08月19日18時49分

【テク】日経平均テクニカル:中期的な反発基調は継続

日経平均 <日足> 「株探」多機能チャートより

日経平均は小幅な反発で取引を終了。週末要因などが意識されて、25日移動平均線レベルでのもみ合いとなった。日足の一目均衡表では、基準線がサポートラインとして意識された格好だが、気迷いを示唆する十字線が示現するなど方向感には乏しい。週足チャートでは、右肩上がりに転じた26週移動平均線を上回っている。陰線を残していることから反発は決して強いとは言えないが、中期的な反発基調は継続。ただ、ネックラインが17800円に位置していることから、2月安値と6月安値のダブルボトム形成の判断はまだできない。今後、緩やかな上昇に転じた26週移動平均線がサポートラインとして機能するかに注目。

《WA》

 提供:フィスコ

日経平均