市場ニュース

戻る
2016年08月19日17時55分

【為替】来週の為替相場見通し=週末のジャクソンホールに視線集中

ドル円 <日足> Slowストキャス 「株探」多機能チャートより
 来週の外国為替市場のドル円相場は、週末のイエレン米連邦準備理事会(FRB)議長によるジャクソンホール会合での講演に視線は集中しそうだ。予想レンジは1ドル=98円80~102円00銭。

 この週は、米利上げ観測の後退もあり、一時99円50銭台までドル安・円高が進行した。ただ、100円割れの水準では値ごろ感からの買いも流入し、週末にかけ100円ラインを巡る一進一退となった。来週は26日に開催される米ジャクソンホール会合が最大の焦点。同会合でのイエレン氏による講演で今後の金融政策に対する示唆があるかが、注目される。また、来週は23日に米7月新築住宅販売件数、24日に米7月中古住宅販売件数、25日に米7月耐久財受注、26日に米4~6月期GDP改定値の発表が予定されている。来週は、様子見姿勢が強まりそうだが、再度99円前半へ突っ込んだ場合は、円高が一段と加速する可能性もある。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

日経平均