市場ニュース

戻る
2016年08月19日07時19分

【市況】NY株式:ダウは23ドル高、原油高を好感も上値の重い展開

NASDAQ <日足> 「株探」多機能チャートより

18日の米国株式相場は上昇。ダウ平均は23.76ドル高の18597.70、ナスダックは11.49ポイント高の5240.15で取引を終了した。週間新規失業保険申請件数が予想より減少したほか、原油相場の上昇が好感され、買いが先行。昨日のFOMC議事録を受けて早期利上げの警戒感が燻るなか、利益確定の売りが広がり、上値の重い展開となった。セクター別では、エネルギーや公益事業が上昇する一方で電気通信サービスやメディアが下落した。

原油相場の上昇を受けてエクソン・モービル(XOM)やシェブロン(CVX)などエネルギー関連企業が堅調推移。小売最大手のウォルマート(WMT)は利益見通しを引き上げ、上昇。一方で、製薬のバリアント・ファーマシューティカルズ(VRX)は資産運用会社のTロウ・プライスが詐欺で訴訟を起こしたことが報じられ、下落。旅行予約サイトのプライスライン(PCLN)は一部アナリストによる投資判断引き上げを受け、買われた。

本日、司法省が民間刑務所の利用を段階的に打ち切る計画を発表し、コレクションズ・コーポレーション・オブ・アメリカ(CXW)やジオ・グループ(GEO)など民間刑務所運営会社が急落した。



Horiko Capital Management LLC

《TM》

 提供:フィスコ

日経平均