市場ニュース

戻る
2016年08月18日13時28分

【経済】インド空軍、中国境界付近の軍用飛行場を改良


インド空軍は17日、中国との実効支配エリア境界線から約100キロの場所に位置するパシガト軍用飛行場(アルナーチャル・プラデーシュ州)が近代化のための改良工事に終えたことを明らかにした。空港は19日に供用を再開。Su30MKI戦闘機やC130ハーキュリーズ輸送機の離着陸が可能となった。ロシア系メディアが17日伝えた。
インド空軍の広報官によると、パシガト軍用飛行場は各種航空機とヘリコプターの離着陸が可能な戦略的な資源。飛行場の改良は、東部辺境地区の空中活動の強化につながるという。
1962年に起きた中国との国境紛争後、インドは同州内に7カ所ある飛行場の使用を停止していたが、2009年に改良計画を決定。現地での報道によると、すでに5カ所が工事を終えた。改良後の飛行場は、民間航空機の使用も可能で、同州の観光業振興も期待できる。

【亜州IR】

《ZN》

 提供:フィスコ

日経平均