市場ニュース

戻る
2016年08月18日10時41分

【経済】(中国)上海総合指数は売り先行もプラス圏回復、政策期待などが支援材料

上海総合 <日足> 「株探」多機能チャートより

18日の上海総合指数は売り先行。前日比0.06%安の3107.75ptで寄り付いた後は、日本時間午前10時39分現在、0.29%高の3118.62ptで推移している。中国が主導する経済圏構想「一帯一路」をめぐり、政府が具体的措置として8項目にわたる要求を出したことが支援材料。また、預金準備率の引き下げ観測が再び高まっていることや、早期の米利上げ懸念のやや後退も好感されている。

《ZN》

 提供:フィスコ

日経平均