市場ニュース

戻る
2016年08月18日07時00分

【注目】本日注目すべき【好決算】銘柄 総医研HD、DyDo、アドソル日進 (17日大引け後 発表分)

総医研HD <日足> 「株探」多機能チャートより

 17日引け後に決算を発表した銘柄のなかから、業績好調や配当増額など市場で評価される可能性の高い銘柄を取り上げた。

 総医研HD <2385> [東証M]  ★今期経常は34%増益、10期ぶり1円で復配へ
 ◆16年6月期の連結経常利益は前の期比27倍の1億9100万円に伸びて着地。続く17年6月期も前期比33.5%増の2億5500万円に拡大する見通しとなった。今期は前期にヒットしたフェイシャルマッサージ用ゲルの販売好調が継続するうえ、機能性飲料「イミダペプチド」の販売も伸び、8.9%の増収を見込む。
  業績回復に伴い、今期の年間配当は1円で、10期ぶりに復配する方針とした。

 DyDo <2590>   ★今期最終を21%上方修正
 ◆17年1月期の連結最終利益を従来予想の29億円→35億円に20.7%上方修正。増益率が23.6%増→49.1%増に拡大する見通しとなった。トルコ飲料事業会社の子会社化に伴い、負ののれん発生益を計上することが最終利益を押し上げる。

 アドソル日進 <3837> [東証2]  ★上期の経常最高益予想を25%上乗せ
 ◆17年3月期上期(4-9月)の経常利益(非連結)を従来予想の3.1億円→3.9億円に24.6%上方修正。増益率が3.3%増→28.7%増に拡大し、従来の2期連続での上期の過去最高益予想をさらに上乗せした。電力自由化を受けてエネルギー関連のシステム開発の受注が伸び、売上が計画を上回ることが利益を押し上げる。

株探ニュース

日経平均