市場ニュース

戻る
2016年08月18日06時58分

【市況】17日のNY市場は上昇

NASDAQ <日足> 「株探」多機能チャートより

NYDOW  : 18573.94 (+21.92)
NASDAQ  : 5228.66 (+1.55)
CME225  : 16660 (-90(大証比))

[NY市場データ]

17日のNY市場は上昇。ダウ平均は21.92ドル高の18573.94、ナスダックは1.55ポイント高の5228.66で取引を終了した。主要小売決算が嫌気されて売りが先行。FOMC議事録の発表を見極めたいとの思惑から午後にかけて下げ幅を縮小した。FOMC議事録では一部のメンバーが早期の利上げを支持した一方で、経済成長、雇用やインフレ率の改善を引き続き見極める必要があるとの合意に達したことが明らかとなった。早ければ来月のFOMCでの利上げも意識され上値は限られたものの、引けにかけて緩やかに上昇する展開となった。セクター別では、公益事業や商業・専門サービスが上昇する一方で小売や耐久消費財・アパレルが下落した。シカゴ日経225先物清算値は大阪比90円安の16660円。ADRの日本株はトヨタ<7203>、NTT<9432>、ファナック<6954>、ソフトバンクグ<9984>、三井住友<8316>、ファーストリテ<9983>、任天堂<7974>、富士重<7270>、ブリヂストン<5108>など、対東証比較(1ドル100.25円換算)で全般軟調。
《TM》

 提供:フィスコ

日経平均