市場ニュース

戻る
2016年08月18日04時44分

【為替】8月17日のNY為替概況

ドル円 <日足> Slowストキャス 「株探」多機能チャートより


 17日のニューヨーク外為市場でドル・円は、100円73銭へ上昇後、100円04銭まで反発し100円30銭で引けた。

米連邦準備制度理事会(FRB)が公表した連邦公開市場委員会(FOMC)議事録の中で、2人のメンバーが7月会合での利上げを支持したことが明らかになりドル買いが加速。しかし、他のメンバーは、インフレに一段の自信が必要だと主張し結局更なるデータを待つことで合意したことが明らかになると、利上げ観測を受けたドル買いが後退した。

ユーロ・ドルは、1.1242ドルまで下落後、1.1316ドルへ反発し1.1280で引けた。ユーロ・円は、113円54銭から112円86銭へ下落。株式、原油相場動向に連動し一時リスク回避の円買いが強まった。

ポンド・ドルは、1.2979ドルへ下落後、1.3086ドルへ上昇した。

ドル・スイスは、0.9659フランへ上昇後、0.9597フランへ反落した。



[経済指標]特になし

《KY》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均