市場ニュース

戻る
2016年08月17日15時55分

【特集】日本エンター Research Memo(4):スマホアプリを地方創生などのソリューション事業に展開

日エンター <日足> 「株探」多機能チャートより

■事業戦略

(1)地方創生ビジネス

日本エンタープライズ<4829>グループは、『女性のリズム手帳』、『カップルノート』等、女性の心と体の健康をサポートするヘルスケアアプリを軸に、あらゆるライフステージで女性の健やかな暮らしを支援する“ライフサポートプラットフォーム”形成を進めてきた。2015年にスマホアプリを活用した地方創生の取組みにも積極的に参画し、結婚・妊娠・出産・子育て支援サービス『ちば My Style Diary』を開発・運営している。静岡県下田市には、パパとママのための子育て応援アプリ「しもだこどもDiary」をリリースした。妊娠から出産、子育てまでライフステージに合わせたコンテンツを提供しており、長く利用できる。

子会社の(株)会津ラボは、先進的な分野に取り組んでいる。地元の福島県会津若松市とは、「次世代型食品生産トライアル事業」においてICT(情報通信事業)を活用した「スマート農業」のためのアプリケーション・システムを開発している。また、2015年1月に、スマホ専用観光アプリ『指さしナビ』を全国展開することを発表した。観光客が目の前の風景をスマートフォンのカメラ画像に映し出すとご当地キャラが現れ、道案内をすることから、観光客が安心して目的地に移動できる。観光による地域活性化に貢献することを目指している。宮城県白石市が提供するスマホアプリのために、いまは存在しない白石城本丸御殿を3Dコンピュータグラフィクスで再現するAR(拡張現実)技術を用いた。本アプリには、「指さしナビ機能」と「デジタルスタンプ機能」を搭載させた。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 瀬川 健)

《HN》

 提供:フィスコ

日経平均