市場ニュース

戻る
2016年08月17日07時48分

【材料】ハピネット---第1四半期売上高12.2%減、通期は増収増益を計画

ハピネット <日足> 「株探」多機能チャートより

ハピネット<7552>は9日、2017年3月期第1四半期(16年4-6月)決算を発表。売上高が前年同期比12.2%減の327.57億円、営業利益が同80.4%減の1.52億円、経常利益が同87.9%減の0.95億円、四半期純損失が0.26億円(前年同期は4.71億円の黒字)の赤字だった。

流通部門においては市場をけん引するような商材がなかったほか、コンテンツ部門においては利益率の高いオリジナル商材でのヒットがなかったことにより、売上高、利益ともに低調に推移した。

17年3月期通期については、売上高が前期比1.5%増の1,900.00億円、営業利益が同15.9%増の40.00億円、経常利益が同14.4%増の40.00億円、当期純利益が同10.2%増の26.00億円とする期初計画を据え置いている。なお、持分法適用関連会社であるブロッコリー<2706>とは、早期にシナジー効果を発揮すべく体制を整え、随時取組みを進める計画である。

《TN》

 提供:フィスコ

日経平均