市場ニュース

戻る
2016年08月16日17時52分

【為替】明日の為替相場見通し=100円ラインの維持が焦点に

ドル円 <日足> Slowストキャス 「株探」多機能チャートより
 今晩からあすにかけての外国為替市場のドル円相場は、100円ラインの維持が焦点となりそうだ。予想レンジは1ドル=99円70~101円00銭。

 この日は、朝方は101円前半で推移していたが、午前9時からはドル売り・円買いが優勢となり、午前11時以降、一段と下値を試す展開となった。午後3時過ぎに100円15銭まで下落し100円ラインに接近した。99円台に突入するとBrexit(英国のEU離脱)絡みでリスクオフ姿勢が強まった7月初旬以来の円高水準となる。ただ、夏休みで商いが薄くなるなか、投機的な売買が流入した面もありそうだ。ただ、あすからお盆休みも明け、市場参加者も徐々に増えてくると予想されるだけに、100円ラインに接近した場面で下げ止まる可能性もある。今晩は米国で7月消費者物価指数や鉱工業生産指数、住宅着工許可件数といった重要指標の発表が予定されており、その結果に全般相場は左右されそうだ。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

日経平均