市場ニュース

戻る
2016年08月16日16時50分

【市況】マザーズ指数は小幅に5日続伸、円高進行もあり中小型株に物色、MRTはストップ高/マザーズ市況

日経平均 <日足> 「株探」多機能チャートより

 本日のマザーズ市場は、日経平均が円高進行とともに値を崩すなか、中小型株物色の流れが続きしっかりとした展開だった。主力の一角であるサイバーダイン<7779>の急落に連れ売り優勢となる場面があったものの、引けにかけてSOSEI<4565>などのバイオ株が強含み、指数を押し上げた。期待材料の大きい銘柄や好業績株を買い直す動きなどが見られた。なお、マザーズ指数は小幅に5日続伸、売買代金は概算で1039.96億円と、7月19日以来約1ヶ月ぶりに1000億円台を回復した。騰落数は、値上がり99銘柄、値下がり108銘柄、変わらず14銘柄となった。
 個別では、マザーズ売買代金トップのSOSEIや、第1四半期決算とがんペプチドワクチンに関する欧州特許査定を発表したグリーンペプ<4594>、その他アカツキ<3932>、BEENOS<3328>などが上昇。ドリコム<3793>は新規ゲームの公式サイト公開で一時急伸し年初来高値を更新した。また、遠隔診療・健康相談サービスがテレビ番組で紹介される予定のMRT<6034>がストップ高で取引を終えたほか、エナリス<6079>、インスペック<6656>、MDV<3902>、モブキャス<3664>が10%超の大幅高となった。一方、サイバーダインは一時10%を超える下げとなった。空売り投資家として知られる米調査会社が同社に関するレポートを公開している。売買代金上位ではJIG?SAW<3914>やミクシィ<2121>も下落した。また、監理銘柄(確認中)に指定されたメディビ<2369>がストップ安比例配分となり、クロスマーケ<3675>やハウスドゥ<3457>とともにマザーズ下落率上位となった。
《HK》

 提供:フィスコ

日経平均