市場ニュース

戻る
2016年08月16日16時00分

【材料】トランザクション<7818>青天井相場入りの円高恩恵銘柄。電子タバコなどの新規事業が絶好調=向後 はるみ

n 【日足】
多機能チャートへ
n 【日中足】


同社は、エコバッグやタンブラー・ボトルなどのオリジナル雑貨の企画・製造・販売を手掛けるファブレスメーカーで、アパレルブランドのOEM生産や、デザイン受託業務も展開しています。新規事業のペットファッション事業・モレスキン事業・電子タバコ事業を拡大し、値上げや製品ラインナップの再構築などが奏功しています。

同社の強みは、移動型ファブレスであるため最良な生産地を選定できること、スピード力、充実した調達ネットワーク、販売先顧客企業5000社以上の営業力などが挙げられる。VAPE(電子タバコ)事業では、7月1日には国内最大級の品ぞろえとなる吉祥寺店をオープンし、東京都内4店舗、ECサイト、卸売販売を展開しています。

世界における電子タバコの年間売上規模は約8300億円と推定され、2017年には1兆円を超すと予測されており、大手タバコメーカーの参入や専門店・量販店などの拡大、新商品の開発が進んでいます。

7月12日には、子会社であるトランスが中国の大手検索エンジン「百度(バイドゥ)」が運営する地図サービス「百度地図(バイドゥマップ)」に関する販売代理店基本契約締結と、世界60ヶ国に43社のサービスパートナーを持ち、世界各国のナショナルクライアントへ最先端の販促プロモーションを提供している英・IPPAG社とのサービスパートナー契約締結を発表しています。

業績面をみると16年8月期第3四半期での経常利益は、通期予想に対し95%と高水準で、足元の通期予想2桁増収増益から、さらなる上ブレを期待しています。同社にとって円高は業績押し上げ要因となる点も注目です。


その他マーケット情報などは、ツイッター(@harusmile)に配信しています。
また、毎営業日のマーケット各種データは、当方のオフィシャルブログ「はる日和」(harumi-kougo)にて、一口コメントはFBにて配信しています♪


フィスコリサーチレポーター
向後はるみ

《NH》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均