市場ニュース

戻る
2016年08月15日14時42分

【材料】SOLHDが後場急上昇、メキシコ子会社がバヒオ銀行とスーパーソルガム事業支援で合意

ソルガムHD 【日足】
多機能チャートへ
ソルガムHD 【日中足】

 SOL Holdings<6636>が後場急上昇し、一時、前週末比24円(10.3%)高の258円まで買われている。午後1時40分ごろ、同社のメキシコ子会社スーパーソルガム・メキシコ(SSM)が、メキシコ国内最大の農業事業支援銀行であるバヒオ銀行と、スーパーソルガム事業の支援活動で合意したと発表しており、これを好材料視した買いが入っている。

 今回のバヒオ銀行との合意は、SSMの販売代理店や種子を購入したユーザーである農業事業者へ、種子購入資金および栽培資金などで財政支援を行うのが最大のポイント。今後同社は、バヒオ銀行の国内のネットワークと事業支援に関するノウハウを活用し、スーパーソルガム事業の販路拡大や農業産業の支援と酪農業発展の実現を目指すとしている。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均