市場ニュース

戻る
2016年08月12日11時22分

【材料】東エレクが4連騰、IoT関連投資で追い風

東エレク <日足> 「株探」多機能チャートより
 東京エレクトロン<8035>が大幅高で4連騰。一時7月29日以来の9000円台を回復した。スマートフォン市場が飽和化するなかで半導体装置メーカーは同関連向け需要減速が収益成長の足かせとなっているが、一方でIoT(モノのインターネット化)普及に伴う通信量の拡大を背景としてサーバー向けの需要が高水準、同社株には足もとの3次元メモリーなどの受注拡大を材料視する買いが優勢となっている。また、日銀が7月29日の金融政策決定会合で追加緩和策として購入枠を倍増したETF買いでは、時価総額比で想定資金流入額の大きい値がさ株としても注目されており、下値不安が限定的なことも買いに有利に働いている。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均