市場ニュース

戻る
2016年08月12日09時47分

【材料】ネクソンが急反落、円高で為替差損が発生し第2四半期最終利益が計画下振れ

ネクソン <日足> 「株探」多機能チャートより
 ネクソン<3659>が急反落。10日の取引終了後に発表した第2四半期累計(1~6月)連結決算が売上高956億2000万円(前年同期比1.0%増)、営業利益170億8200万円(同49.1%減)、純利益12億9200万円(同95.9%減)となり、従来予想の純利益40億5200万円~60億7000万円のレンジを下回ったことが嫌気されている。

 中国で主力PCオンラインゲーム「アラド戦記」のアイテム販売が好調で売上高・営業利益は計画通りで着地したものの、韓国ウォンや中国元に対する円高が進んだことで目減りした。また、外貨建て現預金および売掛金で為替差損が発生したことから、最終利益が計画を大きく下回った。

 なお、第3四半期累計(1~9月)連結業績予想は、売上高1339億7000万~1369億4200万円(前期比7.3~5.2%減)、営業利益277億1600万~300億900万円(同46.7~42.3%減)、純利益109億4000万~128億8900万円(同78.4~74.6%減)を見込んでいる。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均