市場ニュース

戻る
2016年08月12日09時24分

【材料】アイドマMCが急反発、1対2株の株式分割とO2O販促支援分野への進出を好感

アイドマMC <日足> 「株探」多機能チャートより
 アイドママーケティングコミュニケーション<9466>が急反発している。10日の取引終了後、9月30日付で1対2株の株式分割を実施すると発表しており、これを好材料視した買いが入っている。

 投資単位当たりの金額を引き下げることで、より投資しやすい環境を整え、株式の流動性の向上と投資家層の拡大を図ることが目的。効力発生日は10月1日。

 また同時に、「ディープラーニング」を活用したO2O販促支援分野に進出すると発表しており、これも好材料視されている。機械学習や遺伝子解析などビッグデータ関連のシステム開発に強みを持つユニーク(東京都世田谷区)と共同で、「ディープラーニング」技術を活用した印字データ用OCR(光学文字認識)システムと、同システムを活用した新サービスの開発に着手するというもので、具体的な内容については、年内をメドに公表するとした。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均