市場ニュース

戻る
2016年08月12日05時00分

【注目】前日に「売られた株!」総ザライ ―本日への影響は?―

アイダ <日足> 「株探」多機能チャートより

■アイダエンジニアリング <6118>  726円 (-150円、-17.1%) ストップ安

 東証1部の下落率2位。9日に決算を発表。「今期経常を20%下方修正」が嫌気された。アイダエンジニアリング <6118> が8月9日大引け後(16:00)に決算を発表。17年3月期第1四半期(4-6月)の連結経常利益は前年同期比41.3%減の13.7億円に落ち込んだ。併せて、通期の同利益を従来予想の82億円→66億円(前期は83.6億円)に19.5%下方修正し、減益率が2.0%減→21.1%減に拡大する見通しとなった。同時に、4-9月期(上期)の同利益を従来予想の41億円→30億円(前年同期は50.5億円)に26.8%下方修正、減益率が18.9%減→40.7%減に拡大する見通し。

■近鉄エクスプレス <9375>  1,236円 (-252円、-16.9%)

 東証1部の下落率3位。近鉄エクスプレス <9375> が急落。同社は9日の取引終了後、17年3月期の連結業績予想の修正を発表。営業収入を5340億円から4810億円(前期比14.5%増)へ、営業利益を164億円から125億円(同18.6%減)へ、純利益を98億円から70億円(同28.4%減)へ下方修正、これを嫌気した。日本セグメントでは航空輸送での減収により営業利益率が悪化、旧親会社からの分離に伴う経営基盤強化の費用が増加したことなどが影響している。

■ダイフク <6383>  1,721円 (-336円、-16.3%)

 東証1部の下落率4位。9日に決算を発表。「上期経常を4%下方修正」が嫌気された。ダイフク <6383> が8月9日大引け後(15:00)に決算を発表。17年3月期第1四半期(4-6月)の連結経常利益は前年同期比29.4%増の42.8億円に伸びた。しかしながら、併せて4-9月期(上期)の同利益を従来予想の98億円→94億円(前年同期は91.3億円)に4.1%下方修正し、増益率が7.3%増→3.0%増に縮小する見通しとなった。なお、通期の経常利益は従来予想の215億円(前期は219億円)を据え置いた。

■リゾートトラスト <4681>  2,036円 (-369円、-15.3%)

 東証1部の下落率5位。9日に決算を発表。「4-6月期(1Q)経常は89%減益で着地」が嫌気された。リゾートトラスト <4681> が8月9日大引け後(15:30)に決算を発表。17年3月期第1四半期(4-6月)の連結経常利益は前年同期比88.9%減の4.4億円に大きく落ち込み、4-9月期(上期)計画の77億円に対する進捗率は5.7%にとどまり、5年平均の36.7%も下回った。

■クレハ <4023>  370円 (-57円、-13.4%)

 東証1部の下落率8位。9日に決算を発表。「4-6月期(1Q)最終は赤字転落で着地」が嫌気された。クレハ <4023> が8月9日大引け後(15:00)に決算(国際会計基準=IFRS)を発表。17年3月期第1四半期(4-6月)の連結最終損益は0.3億円の赤字(前年同期は14.6億円の黒字)に転落した。

■日本信号 <6741>  854円 (-102円、-10.7%)

 東証1部の下落率10位。日本信号 <6741> が急落。同社は9日の取引終了後、17年3月期第2四半期累計(4-9月)の連結業績予想の修正を発表。売上高を340億円から330億円(前年同期比8.0%減)へ、営業利益を13億円から8億円(同37.7%減)へ、純利益を8億円から3億円(同63.0%減)へ下方修正、これを嫌気した。案件の立ち上がりの遅れや国内外における事業開発や競争力強化を目的とした研究開発投資の増加などが圧迫している。

※10日の下落率が大きかった銘柄を株価変動要因となった材料とともに抜粋。


株探ニュース

日経平均