市場ニュース

戻る
2016年08月11日19時17分

【為替】欧州為替:ドル・円は底堅い、明日発表の米小売売上高に関心も

ドル円 <日足> Slowストキャス 「株探」多機能チャートより

 欧州株高を受けて、ドル・円は101円前半で底堅い値動きが続いている。材料難のなか、市場では明日発表の米国の7月小売売上高への関心が高まっている。今年1月から3月までは前月を下回ったが、4月以降はプラスが続いており、米国内総生産(GDP)の7割を占める個人消費の底堅さを裏付ける内容となれば、ドル買いになるとの思惑がみられる。


 ここまでは、ドル・円は101円19銭から101円50銭、ユーロ・円は112円71銭から113円11銭、ユーロ・ドルは1.1137ドルから1.1151ドルで推移。

《KK》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均