市場ニュース

戻る
2016年08月11日13時13分

【為替】東京為替:ドルは底堅い、売買材料は乏しい状況が続く


上海総合指数が小幅高で推移したことで、特にドル売り材料が見当たらず、ドル・円は101円40銭付近で底堅い値動き。101円以下には顧客筋などのドル買い注文が観測され、ドルは下げ渋る展開となっている。反面、積極的な買い材料も乏しいため、目先は上値は重そうだ。

ここまでは、ドル・円は101円03銭から101円48銭、ユーロ・円は113円02銭から113円34銭、ユーロ・ドルは1.1168ドルから1.1192ドルで推移した。

《MK》

 提供:フィスコ

日経平均